お薦め

欧米女性も大豆イソフラボンに熱い視線を送っている

日本人は昔から欧米人に比べ、病気が少なく、長寿国だとされています。
勿論、現代では医学の進歩があり、なんらかの病気の原因を突き止め、
手術し、平均寿命が年々延びていることもあります。
しかし、医療の力は欧米も確かなものですし研究も発達しています。

ではなぜそんな欧米に比較して日本人の方が、
病気知らずで長寿かというとそれは食生活に秘訣があるとされています。

今でこそ日本の食文化は欧米化しつつありますが、
昔の日本の食卓と言えば一汁三菜のとても栄養バランスの良い食事でした。
中でも注目を集めているのが、私達日本人に馴染みの深い大豆で、
その大豆の栄養成分イソフラボンが着目され、欧米でも数多くの研究がされています。
また、イソフラボンにはダイエット効果もあるようなのでそういった面でも注目されているかもしれませんね。

欧米女性は、更年期障害や、骨粗鬆症など閉経後のトラブルが、
日本女性に比べて圧倒的に多いというのもイソフラボンが着目されている理由です。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするというのは、
日本でも良く知られていますよね?
女性ホルモンを活性化するだけでなく、
過剰分泌を抑える効果もあるのでホルモンバランスを整えるには効果的な成分だと言えます。
そのため、更年期障害は勿論、女性ホルモンが多いことで起きやすい、
乳ガンや子宮ガン予防にも効果的だと化学的に証明されています。

欧米人は昔から肉を多く食べ、
繊維質の少ない食事をしていることから、ガンの発症率も高いと言われています。
しかしながら、現代の日本の食事は欧米よりもバランスが悪化しているともされ、
欧米女性だけでなく、日本女性にも気をつけて摂取して欲しいとされる成分でもあります。
イソフラボンの摂取方法についてはこちらをご覧ください。

しかし、イソフラボンに限ったことではありませんが、何でも過剰に摂取すると逆効果になります。
一日の必要摂取量を守り、これこらも欧米に負けない長寿国となりたいですね。

そして欧米のみならず、色んな国にも大豆のパワーを知って頂きたいですね。