お薦め

もっと中高年期をはつらつと過ごしたい方にオススメ

人間の体というのは男女とも、年齢と共に老化していくものです。
特に女性の体というのは、ホルモンバランスにより大きく体調が変化します。

それは年齢だけに関して言うことではありませんが、
ストレスや月経時には多くの方が体調不良を感じるとされています。
これは女性ホルモンの働きが左右しているからで、
特に、中高年になると、女性ホルモンが大幅に減少し、
閉経すると共に不快な症状が起こりやすくなります。
一言であげるとすれば、更年期障害、骨粗鬆症などです。

こういう、年齢による女性特有の不調に効果があるとされているのが大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと良く似た働きをし、
女性ホルモンの分泌を促し、更年期障害の緩和などに役立つと言われています。
また、イソフラボンにはアンチエイジング効果も期待できるようです。
またホルモンと一見関係なさそうな骨粗鬆症にも効果があるのですが、
なぜかというと、カルシウムというのは女性ホルモンにより保護されているのです。
そのため、女性ホルモンが減少すると、カルシウムが骨から逃げやすくなり、骨が脆くなってしまうのです。
女性の場合、骨盤が大きく関係していることもありますが、
腰痛が女性に比較的多いのは、これが原因とも言われています。
ですので中高年の女性には、減少した女性ホルモンを補うために、
大豆イソフラボンを気にして摂取してもらいたい成分なのです。

日本人は昔から大豆製品を多く取る食生活をしていますので、
バランス良く食事していれば決して難しくない量なのですが、
最近は中高年女性もお仕事が忙しく、まともな食事が摂れない!という方も少なくありません。
イソフラボンを含んだ食品はこちらを参考にしてください。
そんな時は大豆イソフラボンが含まれているサプリメントに頼るというのも一つの方法です。

しかし、過剰摂取は逆効果になることもありますので必ず摂取量を守り、規則正しい生活は心がけましょう。
また子宮筋腫や内膜症のある方は、医師と相談することをお勧めします。

安全にイソフラボンを摂取し、いつまでもイキイキとした女性でありたいものですね。
こちらにイソフラボンの効果効能と過剰摂取の危険性についてかいてありますので参考にしてください。