お薦め

「イソフラボン」は大豆の中でも胚芽部分に多く含まれている

最近健康や美容に良い効果をもたらすとされ、
女性の間では注目を集めている大豆イソフラボンですが、
イソフラボンとは一体どのような物なのでしょうか?

まずイソフラボンとは、ポリフェノールの仲間でフラボノイドの一種に分類されます。
イソフラボンを含むのは、ほとんどのマメ科で、
私達の生活に馴染みある大豆や、ヒヨコマメ、葛根、またピーナッツやプエラリアなどに多く含まれています。

中でも一番多くイソフラボンを含んでいるのは、マメの中の胚芽だと言われています。
胚芽とは、マメが成る時の芽となる部分ですのでマメにとっても非常に重要となる部分です。
この胚芽に含まれているイソフラボンは、
ゲニステインやダイゼインなどに分類され、非常に強い抗酸化作用があると言われています。
抗酸化作用が強いということは人の体内に入れた時に、
体内を酸化させる活性酸素の働きを抑制出来るということになります。

またイソフラボンは、なぜ女性に良いと言われているかと言うと、
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすると言われており、
その効能は、生理不順や、更年期障害、また乳ガンや子宮ガン、骨粗鬆症など女性の病に効果があると言われています。
その他にも脳卒中や、男性の前立腺がんなどの予防にも効果があると言われています。
こちらにもイソフラボンの効果についてかいてありますので参考にしてください。
ですので女性ホルモンが乱れている方や、閉経後の方、また男性ホルモン過多の方にお勧めしたい成分です。

そんなイソフラボンを簡単に摂取するには、大豆が、一番簡単だと言えますが、
大豆はそもそも「畑の肉」と言われるほど良質なタンパク質を含む食品です。
ですから、イソフラボンの摂取のためには勿論、美と健康のために、
女性にも男性にも大豆製品を進んで食べて頂きたい食品です。
またイソフラボンは発酵することにより、成分が増えることが分かっていますので、
納豆や味噌など大豆を発酵させた食品を多く摂りましょう。
大豆製品が苦手な方はイソフラボンのサプリメントなども売られていますので是非試してみて下さい。

マメの胚芽の力とも言えるイソフラボンで元気と綺麗を作っていきましょう!